ギャラリー棟webイラスト00-02-01.png

表現を取り戻す。

江古田校舎から表現の灯火を再び灯していくプロジェクト

 

​ギャラリー棟を星空(想像力)を生み出す工場と見立て、ここに1人1人のメッセージを載せていく。

​ギャラリー棟を星空(想像力)を生み出す工場と見立て、ここに1人1人のメッセージを載せていく。

 2020年は、私達が当たり前のように集まり、作り、そして多くの人々に見てもらう。 そうした多くの当たり前と感じていた事を奪われました。 人々が集まる事が悪い事とされ、制作も発表も、数々の制約が課せられる中で、表現そのものに対してだって萎縮しなければならない事もあったかもしれません。 そんな現状に対して、表現者が声を上げ、多くの表現を取り戻す為の旗を作りたいと思いました。 これから来る2021年に向けて、この江古田校舎から、表現に関わる全ての人の思いを、文字と色と作品で発信していきます。 

展示期間と参加方法

Step1:絵を描いて参加する!

来年に向けて、どのような表現を残していきたい。 メッセージ性のある絵を募集します。 この絵はギャラリー棟に投影されます。 以下リンクより投稿してください。

Step2:メッセージで参加する

Twitterに#表現を取り戻す とハッシュタグをつけて、メッセージや今年見せられなかった作品、来年新たに挑戦したいトライなどを投稿してください!

Step3:当日作品を見る

作品は12月15日から始まります。 ギャラリー棟で展示する為、大学に入校する全ての方が見られる作品ですので、作品を見ていただき、設置してある星空製造台に触れていただく事で、あなたの想いが、広がっていきます。(サウンドと映像によって感じていただけます)

mirai Vision

12月15日〜25日

日本大学芸術学部 江古田校舎 入口

インスタレーション作品(インタラクティブアート)

※一般の方も参加可能です。ギャラリー棟の入口(検温会場)までは立ち入り可能です。

朝サウンドインスタレーション:9:00〜13:00

​本展示:16:30〜21:30

来年以降にやりたい事。叶えたい「夢」を聞かせてください。

絵や、メッセージは、是非来年以降に叶えたい事、例えば「公演を開きたい」「グループ展を友達としたい」「海外旅行したい」今、抑圧されていてできない事だったり、叶えてみたい事だったり、リアルなつぶやきだったり。 そうした物をお寄せいただきたいと思います!

miraiVision

作品制作は最小限の人数で、感染拡大防止に最大限配慮しながら行っています。 mirai Visionは学部から承認されているプロジェクトです。

Key visual was drawed by Onokono. (Department of Design)